2018年7月15日日曜日

オランダ・ユネスコ遺産、キンデルダイクの風車群 ☆キャッチアップ日記☆

☆☆☆ 2018年9月20日 ☆☆☆


去年9月にsissi両親がドイツに遊びに来た時のお話です。


ドイツ国内、チェコ、イタリアとずっと旅行三昧だったのであとは家でゆっくりしていようかと思っていたんですが、家にいるとsissi父はパソコンにかじりつき、あとはテレビを見ているだけだったのでこれはどこかに連れ出した方がいいと思い、自宅から車で行けるオランダにドライブしてきました。



残念ながらおパグは自宅待機。



目指したのは風車の風景で有名なキンデルダイク。自宅からは2時間半ほどで行けて犬連れもOKな場所なのですが、なんせ若旦那はおパグを連れて出かけるのが嫌いなので残念ながらこの日もおパグ達は自宅待機。









キンデルダイクはロッテルダムに近い場所にあります。オランダは風車で有名ですが、特にここキンデルダイクの風車群は一番有名だそうで、ユネスコ遺産にも登録されています。


風車に近づく前に、まずは18世紀に建てられたキンデルダイクの風車群に関する短い映画が上映されている小屋に行きました。








キンデルダイクの歴史や風車の役割などをいろんな国の言葉で上映しています。我々は日本語で見せてもらいましたよ。








映画の後に少しお土産を買って、いよいよ風車小屋へ向かいました。









運河沿いに建てられた沢山の風車小屋。みんな同じに見えますが、それぞれ微妙にデザインが違います。








その昔は風車は羽の位置を変えることによってお互いにメッセージを送り合うという役割も果たしていたそうです。




こちらの風車小屋は風車博物館として利用されていました。





博物館の風車は現在屋根の工事中でしたが、実際に工事の様子を見れたのも面白かったです。




オランダ名物の木靴の巨大版(笑)






このエリアではちゃんと犬さんをリーシュに繋いでくださいの標識。





いよいよ博物館の風車小屋の中に入ってみます。





当時の生活の様子が再現されていました。やっぱり狭いけれど、とっても可愛らしい内装でした。当時の写真など興味深い展示物が沢山ありました。





博物館の後は更に運河沿いを進んですべての風車を見て回りました。





今でも風車小屋に住んでいる方がいるようで、風車小屋のそばで洗濯物を干していらっしゃったり、飼い犬と遊んでたり。





こんなのどかな場所に住める犬さんは幸せですね。



今回は歩いて風車を見て回りましたが、運河を通る船に乗って風車群を見て回ることもできます。次はおパグ達を連れて訪れてみたいです♪




2018年7月14日土曜日

早々に引き上げてきたおパグ達

先週の土曜日から田舎に預けられていたおパグ達。ここ最近は天気も良く、さぞかしオババちゃんとの楽しい田舎ライフを満喫していたのでしょう。




炭鈴:オババちゃんちは最高でぇ~す!



ところが、金曜日の夜のミシン教室からの帰り道、ミュンヘンに出張に行っていた若旦那が車で帰ってきたところにバッタリ遭遇。なんかニヤニヤしてる・・・と思ったら、助手席に来週末まで田舎にいるはずの炭鈴が座ってるじゃないですか!!(;・∀・)


たった一週間の炭鈴無し生活に耐えられなくなったらしく、ミュンヘンから田舎に直接行ってお迎えしてきたんだそうですよ。呆れた・・・。


ところで、ミュンヘンで日本からいらしたお客さんがとても美味しそうなお土産を下さったそうです。





いかなごとあなごの佃煮です♪



兵庫県の「炭屋」さんの商品なんだそうです。ご飯タイムが楽しみです。( *´艸`)


それにしても炭屋さんだなんて・・・なんて素敵なお名前♪しかも箱に入っていたしおりの製造責任者さんの欄には「鈴木」さん。








ついでに佃煮の賞味期限はsissiの誕生日。(笑)もう我が家にやって来るべくしてやって来た逸品ですね。




どうも、炭です。佃煮味見させて下さーい。





どうも、鈴です。職業は味見責任者でございます。




2018年7月12日木曜日

「なるべく」グルテンフリー生活を始めて見ました

今日はおパグとは全く関係ないような・・・でも実はあるのかもしれない若旦那のグルテンアレルギーのお話。


以前、鈴のアレルギーのカイカイ対策で漢方獣医さんにかかったことがありました。その時獣医さんが徹底的に診たのは鈴ではなくてなんと若旦那!








もちろん鈴もちゃんと診察してくれましたけど、結局若旦那の話が一番長かったんです。なんでも先生曰く、鈴の頭には熱が籠っている。そして若旦那も同じタイプでかなり熱が籠っている。



漢方獣医さんを受診した一年前。




若旦那を見る限り、若旦那も痒みがあるはず。(←見た目わからないけど、実際カイカイ人間です。)鈴のカイカイは若旦那から来ている可能性がある・・・と。


東洋医学の摩訶不思議ですが、若旦那のカイカイが治れば鈴のカイカイも治るかもしれないから若旦那が漢方飲んでみたら?っていう話でした。結局若旦那は漢方は嫌だと言って飲まず、鈴は漢方を飲んでみてもあまり効果が無かったのですぐに辞めてしまいました。



おパグ漢方。鈴には大不評でした。



sissiとしては「若旦那。不憫な愛娘のためにちょっとは頑張ってみろよコノヤロ・・・( ゚Д゚)」と言うのが本音でしたが本人の自由ですからね。。。


それからかれこれ一年。若旦那はついに自分のカイカイに耐えられなくなり、皮膚科を受診したところグルテンアレルギーが発覚。


ついに若旦那が動き出しましたっ。けれど漢方を飲むわけではなく、グルテンフリー食品の大買い溜め!




これ買いすぎやろ・・・




ドイツにもグルテンフリー食品はあるのですがイギリスのグルテンフリー食品の充実ぶりは半端なく、出張のついでのこんなにも大量に買い込んで来やがりました。


賞味期限って言葉知ってるかい???若旦那。(ノД`)・゜・。









いくらグルテンフリーだからって、穀物ばっかりこんなに食べたら穀物アレルギーになるんでは???










こんなに沢山買ったのに、さらに自分でグルテンフリーパンを焼くと言ってホームベーカリーまで買いましたよ。








しかもホームベーカリーで食パン焼ける~って喜んでたら、グルテンフリー専用だから小麦は入れちゃダメだって・・・え?グルテンアレルギーってそんな経路で感染すんのん???(汗汗)








もはや意味不明ですが、言い出したら聞かない若旦那。ホームベーカリーは若旦那専用となりました。


さて、グルテンというものは実は気が付かないだけで、結構色々と不調を引き起こしているという話をよく耳にするようになり、sissiもグルテンフリー生活に乗っかり始めました。







キッカケはトリノから買ってきたグルテンフリーピザ生地の粉。


美味しくないんだろうな、と思って焼いてみたらこれが意外と美味しくてグルテンフリー生活できるかも♪と思ったんです。






米粉のピザ生地。はじめ普通のピザみたいに手でこねようとしたらベトベトすぎて全くこねられない!


もうダメだと思ったんですが、シリコンベラで混ぜてみたら簡単に捏ねあがり、更にシリコンベラにオリーブオイルを塗って、ペタペタと天板の上に丸く形作ったらちゃんとできました。







トマトソースもちゃんと手作りしましたよ。イタリアのソーセージを具にしてみました。




ジリジリとオーブンで焼き上げ・・・






はい出来上がりー♪





思っていたよりも美味しい~☆



若旦那は食べたりないという感じなくらい気に入ってくれました。


そこで、早速ドイツ製のグルテンフリーピザ生地の素も購入。さぁ、こちらはどんなお味なんでしょうか。楽しみです。







ところで、グルテンフリー生活を始めた若旦那、かなりカイカイが改善されただけでなくお腹の調子もとても良くなっているそうです。


ただ、出張に行ったときはグルテンフリー生活を貫くのが難しく、グルテン入り食品を食べるとすぐに皮膚に影響が出るそうです。


このままずっとグルテンフリーを続けて若旦那が健康になったら鈴もカイカイ治ってくれるんだろうか・・・。








なんとなく最近鈴のカイカイが弱まって来てる気がするんだけど、まさかね、、、それでもちょっとの可能性にでも賭けてみたい!頼むよ若旦那!!(/・ω・)/




2018年7月10日火曜日

何をしてても結局おパグのことしか考えられない病気

ただいまおパグ達はオババちゃんちに疎開中。おパグ達がいないと仕事が忙しくても時間がタップリ♪普段いかにおパグ達のために時間を割いているのかがよくわかる。ついでに今は若旦那もいないので更に時間タップリ☆(;・∀・)



炭:なんや邪魔者扱いかいな。(# ゚Д゚)




さて、デュッセルドルフの中心地にはケーニヒスアレー(通称ケー)という美しい通りがあります。ここはブランド系のお店がズラリと並ぶ高級ショッピングストリートなんですが、中にはH&MやZARAなどお安めのお店も沢山あるので貧乏sissiもよく通う場所なのです。



今日プラプラとケー沿いの小川を散策しながら写真を一枚パチリ・・・なんか変なのが写ってると思ったら、、、







炭ちゃんが大好きな水鳥さんが真一列に並んで泳いでるじゃないですか。なにやってるの~これ。(笑)




これ炭ちゃんにも見せてあげたかったなぁ。(←何をしていてもパグの事しか考えられない。)



気を取り直してケーでショッピングタイム♪(^_-)-☆


以前はドイツのファッションブランドのESPRITが入っていた建物に最近アメリカの超お洒落ブランドのアンソロポロジーが入りましたヨ♪




しかも今セール中じゃないですか~。



まずはセール品に直行!170ユーロから48ユーロに値下げされた可愛らしいショルダーバッグを発見。これおパグとの散歩でも使えるな・・・とか考える。


今回一番気になったのはラブリーなカチューシャ。(*^-^*)一個45ユーロ!むむむ・・・強気なお値段。布で豪華にデザインされたカチューシャ、これなら自分で手作り出来そうだw


しかも手作りしたらおパグ達にもお揃いのアクセサリー作れちゃうかも☆ ・・・とか考える。


知ってたけど、改めて自分のパグキチガイ具合に愕然となった次第です。('ω')






2018年7月8日日曜日

スパゲティアイスを食べたらおパグ達としばしのお別れ・・・でもおパグ達は大フィーバー!!ヾ(≧▽≦)ノ

7月からsissiは四半期決算に突入。若旦那も相変わらずの出張続きでこのままだとおパグ達に留守番をさせなくてはならなくなるので、久々に田舎のオババちゃんちにおパグ達を疎開させることにしました。



土曜日、田舎に行く前にどうしても済ませなくてはならない用事がありオランダまで行ってきました。




まずは皆でオランダへ。右前方にオランダ国境の看板が見えてきましたよ~。




オランダの用事が終わってから今度は10時からsissiは美容院で白髪染めの予約。(悲)それがすんだらもうすでにお昼過ぎでしたが、頑張って田舎まで行ってきました。きっとこの日の走行距離は凄いことになってたと思われ・・・。




さっ、着きましたよ!ひさびさのオババちゃんち♪大自然の中でさっそく野パグ化する炭



オババちゃんちの裏にはからは広大な畑が広がっていて解放感抜群です。




鈴: ひゃほぉ~~い!!


若旦那がオババちゃんのために隣村のスーパーで買い溜めをしている間(←オババちゃんが住む村には店というものが無いのです)、sissiとオババちゃんはおパグ達とプラプラして時間をつぶしました。



村役場の前で。暑かったねー。





教会の芝生広場に行ってみました





そしたらちょうど結婚式をやっていましたよ






ここの村にはドイツの伝統的な木組みのお家が沢山





木陰でちょっと一休み





このうしろのお家も壁に開いている穴がハートマークでラブリーでした





さて、オババちゃんが行きつけのアイスクリームカフェでアイスをおごってくれるというのでまた村の商店街に戻ります





ドイツのアイスクリームカフェで一般的に売られている「スパゲティアイス」



初めてスパゲティアイスと言うものを見た時には衝撃的でした。だってなんでわざわざスパゲティ状にする必要があるの???('_')


これは普通のアイスクリームを沢山の小さな穴が開いた道具で押し出してスパゲティ状にするのです。で、これが意外と美味しいんですよ♪





炭:炭にもスパゲティちょうだい!!




炭鈴:オババちゃ~ん。スパゲティ美味しいのん?



アイスを食べ終わったところで買い物を終えた若旦那と合流してオババちゃんの村に帰りました。


そしておパグ達とはしばしの悲しいお別れ。


いつも田舎に預けるときは飼い主たちは心配で悲しくなるんですが、当のおパグ達は大喜びで大フィーバー!!(/・ω・)/それを見ると一層悲しくなります。




田舎の美しい景色・・・そりゃおパグ達はここの方が伸び伸び幸せだよね。(ノд-。)クスン